離婚相談を考えている人は弁護士の力を借りる

離婚の慰謝料

離婚と慰謝料の請求について。

離婚は本来自分たちの意思で決めていくことなので、自由に届け出ができます。慰謝料についても自分たちで決めておくことはできます。ほとんどの場合はこれで決めていくことでしょう。けれども相手方の合意が得られない場合には、家庭裁判所で離婚調停をして話し合いを持つ必要があります。慰謝料の相場というものはありませんが、不貞行為が理由となる場合には金額も割と高額なものが定額化してきているようです。離婚と慰謝料は同時に決める必要はありませんが、支払いの合意を条件とする場合もあって、なかなか離婚できないという場合もあります。いったん合意はしたものの支払いがされない、できなくなったというケースもたくさんあるようですから、初めから無理な金額を設定するよりは財産分与で多めにもらっておいた方がよさそうです。

今後の見通しはどうなるのか。

慰謝料の金額は物価の上昇に伴って、高額化していくことが予想されます。また離婚する人は何度も離婚する傾向があって、これも増加の一途をたどることは間違いないでしょう。かつてはあまり公言できないことでしたが、現在ではそのような抵抗感もなく、また高齢者になってからの離婚などもあって、みなそれぞれの価値観によって、我慢をしなくて済むような時代へと移行してきたような感じがします。これから結婚しない人も増加してきますから、特に財産問題とリンクしている離婚制度そのものも、ドライなものへと変わっていくことだと思われます。離婚もしやすくなりますし、慰謝料も相対的に値上がりしていくことは必至でしょう。なかなか性格の不一致は埋めることはできません。

Copyright (c) 2015 離婚相談を考えている人は弁護士の力を借りる all reserved.